業務報酬基準・工事監理ガイドライン講習会の開催について

 設計・工事監理における標準的な業務内容及び業務量を定めるなど建築士の業務報酬の考え方を示した、業務報酬基準(建築士法第25条の規定に基づき、建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬の基準:平成21年国土交通省告示第15号)が、平成21年6月4日に一部改正されました。あわせて、この業務報酬基準において工事監理の標準業務内容に示される確認対象工事に応じた合理的方法を例示した工事監理ガイドラインが平成21年9月1日に通知されました。
 
一般社団法人 新・建築士制度普及協会では、業務報酬基準・工事監理ガイドラインの内容を理解し、適切な設計及び工事監理が実施され、それらの業務に見合った報酬が提示できるように、主に建築設計・工事監理業務に関わる方々を対象とした、業務報酬基準・工事監理ガイドラインの解説講習会を開催いたします。
長野市
11月18日(水)
150名
ホクト文化ホール
長野県県民文化会館 長野市若里1-1-3
松本市
11月10日(火)
150名
長野県松本文化会館 松本市水汲69-2

主 催
一般社団法人 新・建築士制度普及協会
後 援
(社)日本建築士会連合会 / (社)日本建築士事務所協会連合会
(社)日本建築家協会 / (社)建築業協会
(社)日本建築構造技術者協会 / (社)建築設備技術者協会
(社)日本建築学会 / (財)建築技術教育普及センター
(財)建築行政情報センター / (財)日本建築防災協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。