第21 回長野県青年・女性建築士の集い

平成21 年2 月28 日(土)に上田市にて、この時期恒例の「青年・女性建築士の集い」が開催され、諏訪支部青年委員7名で出席しました。

メインは、各支部による地域実践活動発表や、支部活動報告ですが、今年度の諏訪支部では活発な活動とは言い難かったので、指向を変え、今秋に諏訪で行われる長野県建築士会会員大会のアピールを行ってきました。
また今回は新しい試みとして、長野県建築士会主催の「信州環境ECO コンテスト」の審査もありました。
「バス停」の設計をテーマにしたこのコンテスト、学生を中心に100以上の応募があったそうで、一次審査を通過した13組がプレゼンテーションを行い、各賞を決定しました。
実現可能そうなものあり、構造はともかくオリジナリティあふれるものあり、なかなか面白い試みでした。
また、「建築士」という職業を若い世代にアピールできた事と思います。
主催者側の苦労には頭が下がる思いです。
終了後は同じ会場での懇親会。
年に一度しか会わない仲間も多いですが、お酒の席ならではの話もでき、楽しみの一つになっています。
日ごろ県内に泊まりで出かける経験はプライベートではまず無いので、距離的には近い場所ですが、この「集い」の時はあえて泊まって来ます。
一緒に行った仲間も東信地方には疎いので、いろいろ新鮮でした。
諏訪支部青年委員長 伊藤 淳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。