無暖房住宅講演会

平成19年11月2日金曜日、信州大学工学部教授 山下恭弘氏をお招きしての講演会を開催しました。
内容は、無暖房住宅を目指した省エネ住宅についてです。
現在地球規模での温暖化が騒がれる中、ドイツなどのヨーロッパ諸国では新築住宅においての省エネ基準が定められ、義務化されているそうです。それに比べると日本はまだまだ低水準であり、今後、建築に関わる私たちは、より一層の努力研究が求められていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。