トップページ

諏訪の建築士検索

賛助会員紹介

夏休み木工教室

事務局業務案内

お問い合わせ

災害再び!(新潟県中越地震に赴いて)

平成16年10月23日17時56分新潟県中越地区においてマグニチュード6.8、最大震度7を超える地震が発生しました。夏に台風による浸水被害を受けた方々には、再びの大きな災害となってしまいました。
地震で揺れている!

五味広幸

 中越地震応急危険度判定への要請を受け、10月30日に参加しました。
 午前4時富士見を出発、北信合庁で県内各地の参加者と合流し、説明を受け県職2名を含む総勢40名(諏訪から8名で2班に分かれて行動する事になる)で、川口町へ向け出発する。午前10時頃現地着、先日から活動している東京都隊と合流打ち合わせをし、担当地区に移動し作業開始、午後3時終了、午後9時頃帰宅する。
 実質3時間位の間に、20軒ほど(安全等もあり、外観目視による)を調査し、3種類の判定ステッカーを貼付する作業を行った。全倒壊している家から被害の少なかった家と様々であったが自然の凄さに圧倒された。家の片付けをしている人に家の事を質問される事もあり、応急危険度判定の目的、被害地の建物が余震等に対し安全に使用できるか判断する事などを説明し、今の心情を考えると言葉を選んでの対話となった。大小に関わらずいつ余震があるかと、車に寝る事がわかる気がした。これからの事をいろいろ考えると、運良く余震の感じられない日であったが、空気も心も揺れている感じがした。


現地へ赴く途中 立ち往生。


東京建築士会の到着待ち。


新潟中越地震 
住宅相談キャラバン隊に参加して

伊藤 淳

2004年11月13・14の両日、新潟中越地震の被災地のひとつである小千谷市へ、住宅相談キャラバン隊として参加してきました。これは建築士が、被災された方の相談に乗りアドバイスを行うというものです。私はその少し前に応急危険度判定も行ったのですが、それは、あくまでも外部のみを見て倒壊や落下物の危険のある住宅に注意を促すのみで家主の方の話を聞くという活動ではないため、はがゆい思いも残りましたが、この住宅相談キャラバン隊の活動では、住宅内部も見た上でアドバイスを行うことが出来ました。
ラスボード下地でモルタル+繊維壁仕上げの壁はほとんどが落下しており、重量もかなりあるので、地震時にはかなり危険だと感じました。これとは対照的に土壁が崩れずに残っている建物も多くありました。農作業小屋は倒壊も多く、地割れや電柱の傾きもあちこちで見掛け、地震の大きさを痛感しました。しかし古い建物だから倒壊している、と言うことでも無く、瓦も全て落ちている家やそうでない家、と言ったように、壊れ方は千差万別で、私の想像とは違っている場面も多々ありました。
この貴重な経験を今後の活動に生かせればと考えています。


諏訪支部応急危険度判定活動参加者

10月30日
伊藤 淳 
林 太一 
青沼 完次
田村 慎一
植松 幸房
牛山 幸明
五味 広幸
吉川 俊春

住宅相談参加者

11月6・7日
植松 幸房
牛山 幸明
田村 慎一
11月13・14日
吉川 宏 
伊藤 淳

応急危険度判定活動は10月30日及び11月1日の2日間、諏訪支部より派遣されることになっていましたが、10月をもって判定活動終了ということで、1日に予定していた8名の方々は新潟へ派遣されることはありませんでした。
しかし住宅相談の折、危険度判定をして欲しいとの方々が多く居られ、なぜ応急危険度判定活動が打ち切られたのか、参加するはずだった方にとっては残念な行政対応だったのではないでしょうか?